2011年10月29日

TearsInHeaven

海斗の独り言

日本のギタリストと言えば


CHARさんを外すことはできないだろう


音楽って小説と同じで


歌い手によっていろんな解釈があって然るべき


自分の人生経験とオーバーラップしたりして


誰が唄っても同じようにはならないし


感情の入り方が違う


この曲はクラプトンの息子が4歳で


亡くなった時に


天国の息子に捧げた歌なんです



CHARさんが唄うとまたいい味が出るんですよ〜


しかもオレと同じギターです


って言うか同じだけど


ランクが一つ上のスーパーアダマスと言う


オベーションでは当時最高のギターだった



それでは聴いて下さい!


CHARさんで「TearsInHeaven」





いつも思うのが


音楽を作る側は幸せな人ではいい音楽は

創れないと思う


楽しい愉快な音楽の中にも


人生の辛さ、厳しさがブレンドされないと


いい音楽は生まれて来ない


音楽家の中には酒に溺れる


女に溺れるドラッグに溺れる


そんな人があとを立たないが


何かしら悲しみを抱えつつ


そんなものを音にプラスすることで


名曲が生まれる


音楽・・・


音を楽しむと書いて


音楽・・・


楽しい裏には悲しみもあるんだね〜

タグ:芸能
posted by カイト at 15:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

凄いな〜

海斗の独り言

オレの好きな「北斗の拳」の


オープニングソング


「愛をとりもどせ!! 」


表社会で世界一のギタリストでも


裏社会の方が広いから凄いギタリスト


は大勢いる


それは身近にいるヤマハギター教室の


先生かもしれない・・・


隣の家のギター好きのはげおやじかも知れない


この人もそんな裏社会の凄いギタリストで


こんな人がゴロゴロ埋もれている


ベンチプレスでも競技に出て来ない


凄いプレッサーがいっぱいいる


オレもそんな人達を何人か知ってる



世界は広い!


では聴いて下さい!




「愛をとりもどせ!」





タグ:芸能
posted by カイト at 07:41| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月10日

バーレスク

海斗の独り言

久しぶりに映画のDVDを見た


友達からもらったものだ


内容を聞いた時に


昔観た「コヨーテアグリー」を思い出した


オレこのての映画は意外と好きなんだよね



今回もらったDVDは「バーレスク」


田舎者の女の子が


ショービジネスの世界で


サクセスする内容



大昔の「フラッシュダンス」にも通じるもんがある




「バーレスク」はショーパブと言うか


キャバレーと言うかそんな感じの店の名前



主人公の「アリ」を演じるのは


シンガーでもある「 クリスティーナ・アギレラ」


のっけから彼女のパワフルな歌にやられるはず


しかもルックス、プロポーション抜群!





ストーリーは単純だが


映像と歌はかなり楽しめるはず



ついでに


「コヨーテアグリー」





ついでに


「フラッシュダンス」




大体、このての映画はヒットするんだよね


アメリカ人の好きそうな映画だ
posted by カイト at 07:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

そんなんでいいのか?

海斗の独り言

「マルモのおきて」で


ブレークした「芦田愛菜」ちゃん


この子、明るくていいと思うんだけど


なんか周りの大人がムリさせ過ぎじゃない?


6歳なんて言ったら


同年代の友達と遊びたい時だし


仕事なんかしてる場合じゃないんじゃなのかね



しかもこの子は


自分がどう行動すれば


どう発言すれば


周りの大人達が喜ぶか


感覚的に熟知してるところがある



そう言うのも含めて


演技派の天才子役たる


由縁なんだろう



でもね〜


何だか可哀想に見える時があるんだよね〜


親はどう見てるんだろうか?


「うちの子かわいいわ〜」


「稼げる時に稼ごう〜」


どう考えてるか知らんけど


子供捕まえて


働かせ過ぎじゃないですかね〜


タグ:芸能
posted by カイト at 07:44| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

昔のアニメ

海斗の独り言

先週TUTAYAに行った時


アニメコーナーで


「超時空要塞 マクロス」


があったので思わず


借りてしまった



当時高校生だったのだが


変わったアニメだな〜と言う印象が強かった


ってのは


通常、ガンダム的な発想からすると


主人公の一般市民の少年が


戦闘に巻き込まれながらも


成長する流れかと思いきや



主人公の「一条輝」と「リン・ミンメイ」


のラブストーリーを軸としてストーリーが進むのだ



それと「可変戦闘機バルキリー」は


こんな変形技があったのか!と思う程に


衝撃的で実際プラモデルを買って


組み立てて変形出来ることを確認した



「宇宙戦艦ヤマト」以来


時空を飛び越える方法と言えば


「ワープ」が一般的となっていたが


ここでは「超空間跳躍」と言うことばに変わる


「ワープ」とは「超時空航行技術」の一つで


「空間歪曲型ワープ」を言う


重力制御により、現時点の空間と


目的とする空間を隣り合わせにして


時間と距離を飛び越える


場所を入れ替えると言った感じ



随所に色んな技術が盛り込まれて


高校生のオレは釘付けになった


「リン・ミンメイ」は「飯島真里」と言う


声優がやっていて


アニメの中ではアイドルになる


「飯島真里」も本作終了後に


シンガーソングライターとしてデビュー



「愛覚えてますか」って歌を歌っていたような



まだ見始めたばかりだけど


記憶を辿りながら記憶の欠落部分を


埋めていきたいと思う


タグ:芸能
posted by カイト at 08:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

キャンディーズ

海斗の独り言


「キャンディーズ」




ちなみに「しずちゃん」はメンバーではないぞ!


あれは「南海キャンディーズ」



オレとしてはあまり記憶にない


どっちかと言うとピンクレディー世代なもんで


それでも、解散コンサートでの


「普通の女の子に戻りたい!」


の台詞は印象に残っている


その2年後


ランちゃんとスーちゃんが芸能界復帰したので


子供ながらに


「やっぱりね・・・」


って思った記憶がある



当時のアイドルは


歌唱力がすごい!


今のアイドルとは比べ物にならないくらい上手い


スーちゃんが昨日亡くなったと言うことで


非常に残念に思う・・・


そこで季節にちなんで


彼女達の代表曲でもある


「春一番」をどうぞ〜


タグ:芸能
posted by カイト at 07:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

河合その子

海斗の独り言

昔住んでたとこの近くに日本福祉大学付属高校があった


そこに、「後藤その子」と言う


どえらいかわいい女の子がいると噂があった


後の「河合その子」である


一回だけ見たことがあったが


確かに一般人とは何かが違う雰囲気があった






2010年に資生堂の化粧品のCMに出演していたが


40過ぎにも関わらずキレイだ〜


やっぱり一般人とは違うんあだなぁ・・・
タグ:芸能
posted by カイト at 07:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

この人達は今・・・

海斗の独り言

このグループ知ってますか?





正解は「セイントフォー」


1982年に3万人の中から選ばれた4人


プロモーションに40億円かけたんだっけ


自分達の映画にも出てたけど(オレは見たことあるぞ)


デビューして2年2ヶ月で事務所のトラブルで解散


解散後はプロモーション費の回収のためか


4人中3人がヌード写真集を出してた


しかし、今見ると


ダンスがメインなのか


歌がメインなのかわからん・・・


息も絶え絶えだし


みなさん今は何をしてるんだろう?


タグ:芸能
posted by カイト at 07:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

愛をとりもどせ

海斗の独り言

被災者の方々が少しでも元気がでるように


パソコンなんか使える人は限られてる


とは思うが・・・


タグ:芸能
posted by カイト at 07:43| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

チリンの鈴 その1

海斗の独り言

今から20数年前だろうか


もっと前かな・・・


たった一度だけ見たのに


もの凄く印象に残ったアニメ作品がある



「チリンの鈴」がそれだ



この作品は「やなせたかし」さん原作で

「アンパンマン」の作者でもある



この「チリンの鈴」かなり深いんです!



チリン(大きなベルを付けてるから)と言う子羊が主人公で


ある嵐の夜(だったと思う)


ウォーと言う狼が羊小屋を襲う


逃げ遅れたチリンをかばって


お母さん羊(名前は知らん)が


食い殺される



チリンは仇を取るためにウォーに闘いを挑む


しかし、子羊であるチリンにウォーを倒せるはずはない


チリンは母親殺しのウォーに弟子入りする


いつか仇を取ると心に秘めて


成長したチリンは狼でもない、羊でもない姿に成長する


その強さは狼の群れにチリン1匹で立ち向かっても


勝てる程になっていた



ある嵐の夜


羊小屋を襲撃にウォーと行く


そこで、子羊をかばう母羊を見て


当時のことを思い出す


狼としてウォーに育てられたチリンは


自分が羊であること、ウォーが母親の


仇であることを思い出し


ウォーに闘いを挑むのだった


育ての親でもあるウォーは


チリンの鋭い角を避けず


殺されてしまう


「小僧。俺はいつか自分の行いが


 自分に返ってくるのを覚悟していた。


   俺の最後がお前で良かったよ」


ウォーは最後にチリンに感謝しながら息絶える


チリンは羊の群れに帰ろうとしたが


羊達は自分達とは姿の違うチリンを受け入れなかった


「ウォー、教えてくれ! 僕はもう仲間の元へ帰れない

 ウォーもいない。僕は一体どうしたらいいんだ!」



チリンは山へ消えて行く



ウォーもいないたった一人の山へ





こんな感じの物語



これは未だに強烈に印象に残っている



考察はまた明日へ続く・・・


タグ:芸能
posted by カイト at 07:52| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

クリスマス

海斗の独り言

今日はクリスマス!


恋人と過ごす人も


家族で過ごす人も


彼氏や彼女がいない人も



メリークリスマス!!


プレゼントはないけど


クリスマスソングをどうぞ〜


意外に古い曲が多いな



まずはワムのラストクリスマス





日本のクリスマスにはこの曲! 

山下達郎 クリスマス・イブ



マライアキャリー 恋人たちのクリスマス

こんなサンタが来て欲しい・・・




B'zのいつかのメリークリスマス

ギターで弾いたっけなぁ〜



稲垣潤一のクリスマスキャロルが聞こえる頃には




杉山清貴の最後のHoly Night

昔カラオケで歌ったなぁ



タグ:芸能
posted by カイト at 14:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

ワム

海斗の独り言

クリスマスから正月にかけては


オレの一番好きな時期と言える


街がイルミネーションで飾られ


華やかになる



市や町としては


クリスマス商戦があるので


消費者の気分を盛り上げるために


やっているのだろうけど



でも、小さい頃から


この季節にはイルミネーションを見て


プレゼントを貰えるもんだと


刷り込まれているから


なんだか、大人になっても


幸せな気分になってしまう


オレだけかな?



そんな大人達の思惑があるにせよ


世界中の子供に共通して


この時期が幸せな気分になれるのなら


物凄くいいことだと思う



全然話しは変わるが


この時期に思い出す映画

「ダイハードシリーズ」


そして日本人で唯一のブルース・ウィリス


ものまね芸人


このシリーズ結構面白いっすよ!













タグ:芸能
posted by カイト at 07:40| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

X'mas EXPRESS'89

海斗の独り言

1988年 深津絵里


続いて翌年の1989年 牧瀬理穂


当時17歳






キャッチフレーズは


「ジングルベルを鳴らすのは帰ってくるあなたです」


撮影場所は、新幹線の名古屋駅構内


当時は名古屋に住んでたので話題になってた






posted by カイト at 07:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

X'mas Express その2

海斗の独り言

X'mas Expressの第一弾が1988年の


「深津絵里」から


当時15歳


にしちゃー化粧が濃い


久しぶりに彼氏に会うから


慣れない化粧をがんばっちゃったんだろうね〜



今では大女優に成長しました〜





口の動きで



「ばか!」がいいですな〜



「帰ってくる貴方が


   最高のプレゼント」



名言です!
タグ:芸能
posted by カイト at 07:39| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

TAXI 鈴木聖美

海斗の独り言

オレだけの思い出の歌シリーズ


この頃、夜遊びが大好きで



って言うか「バー」が好きで


週末は必ず飲み行っていた


酒が好きと言うよりも


バーの雰囲気が好きだった




薄暗くて、タバコの煙がライトの光を揺らして


ボトルがいっぱい並んで、誰もオレを知ってる人がいなくて


そんな中でボーッとしてるのが好きだったな〜


初めて飲んだカクテルは「ジントニック」だった


だからジンの匂いをかぐと


当時のことを思い出す


あれから十数年後にまさか


自分がカウッターの中で


お客さんにカクテルを出すなんて想像も


つかなかった


今はやってないけど



思いもよらないところで夢は叶うもんだ



しかし、この人は歌うまいね〜
タグ:芸能
posted by カイト at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

SHOW ME

海斗の独り言

これメチャメチャ懐かしい


40代なら「男女7人○○物語」を


思い出すかも


しかし、まゆげ太いな〜





タグ:芸能
posted by カイト at 07:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

佐野元春2

海斗の独り言

「約束の橋」


リズム、疾走感、オレには会うんだよね〜


単純で心に染みる歌詞


この頃、バイクでよくツーリングに行って


野宿をしてたんだよね〜


野良犬みたいな生活してた


その時に聞いてたのがこの歌


「今までの


  君はは間違いじゃない」


いいセリフだ!





当時、30歳くらいでCB750FBに乗ってた


バイクを買い替えようかと思って


考えていたのがヤマハ 「V-MAX」


北米仕様のフルパワー151馬力


V-MAX.jpg


ヤマハでこのバイクを開発しているときに


カールルイスが100Mで世界記録を更新


開発コンセプトの中に


ゼロヨン=1/4マイル(約402M)を


カールルイスの100M記録と同じタイムで


走りきるバイクを作るというものがあった


タイムから算出した馬力は145馬力


当時これほどのバイクはなかったかもしれない


あまりにも暴力的で


強烈な加速なため


大型バイクの保険料が高騰したと言う


逸話まで作ってしまった



2008年6月5日


23年ぶりにフルモデルチェンジをした


V-MAXは200馬力となった



結局、V-MAXは買わずにCB750FBを


ずっと乗ったんだけどね


「約束の橋」を聞きながら・・・
タグ:芸能
posted by カイト at 08:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

佐野元春1

海斗の独り言

84年頃に付き合っていた彼女が


佐野元春の大ファンで


良く聴かされた



「someday」


これがまた衝撃的だった


歌詞が一回聴いただけで


脳味噌に入ってくる


歌詞、リズムどれも脳味噌


スーっと入ってくる


しかも、落ち込んだ時に聞くと


前向きな気持ちになるのだ!


20年以上経っても全く


色褪せることなく


名曲だ!


特に2番目の歌詞がいい


「いつかは誰でも

  愛の謎がとけて


   一人きりじゃいられなくなる

    本当にこんな気持ちに揺れてしまうのは

   君のせいかも知れないんだぜ」


いい歌詞だなぁ


因みにオレはまだ愛の謎が解けていな・・・


時々、一人になってしまいたい・・・





当時の彼女は大学で英文学科に行ってけど


オレの方が英語が上手かったな〜


みんなそうだと思うけど


歌に思い出を閉じ込めることがある


オレは旅行とか行く時、同じ曲ばかり


リピートで聴いている


それがオレにとっての


思い出を曲に閉じ込める作業なのだ



嫁さんには


「勘弁してくれよ〜」


って言われるが


止めないぜ〜


ライブには名古屋市公会堂に


1回だけ見に行った



もう感動で涙でいっぱいだった!


あの人、音楽が好きなんだろうね〜


やってる姿が物凄く楽しそうだったな〜


機会があればまた行きたいなぁ〜




タグ:芸能
posted by カイト at 13:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

Time goes by

海斗の独り言


スペル間違えてるね!


GOSEじゃなくてGOESじゃない?


失礼しました!


因みにこの意味だけど


As time goes byなら「時の過ぎ行くままに」となる


ジュリーの歌にもあったような・・・



time goes byだけなら「時が過ぎ行く」か「時が過ぎる」



となる



心の傷は時が癒してくれると言うことだろうな〜
タグ:芸能
posted by カイト at 07:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ELT Time gose by

海斗の独り言

ELTのこの歌好きなんだよね〜


モッチー喉壊してから高音


出なくなってしまったし


テレビでもあんまり見ないし・・・


いい歌は古くてもいいもんだね〜


タグ:芸能
posted by カイト at 07:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。