2013年02月15日

ミニバン最速!

海斗の独り言
ミニバン最速はどんな車だと思う?
オレがファミリーカーを考えた時に
そんな考えが過ぎった
最初に考えたのがホンダ 
エリシオンプレステージ
3.5Lで300馬力
試乗するとやっぱり思った通り
3L級セダン並みの加速
こりゃ結構いける!
でも形で言えば200系のハイセース
ワイドボディーのスーパーロングが好き
でも速くはない・・・
結局、ハイエースは八百屋の車っぽいって
ことで(嫁さんが言い出した)
アルファードになってしまった・・・
この手の車、オレが一番嫌いな部類にはいる
重い、遅い、曲がらない、止まらない
どこをとっても趣味じゃない・・・
やっぱりポルシェ911が最高!!

しかし!
そんなポルシェも勝てないような
1BOXが20年前に存在していた
その名前は

ルノー エスパスF1
エンジン:ルノー3.5L
馬力:700ps
最高速:288Km/h

F1にルノーエスパスのボディーを
載せたようなミニバンなのだ
音だけ聞いたらF1そのもの!
未だにこのミニバンを越える
ミニバンは出ていない
多分・・・



どうよ!
中古では売ってないけど
欲しい!!

トヨタが「天才タマゴ」ってキャッチフレーズで
出した「エスティマ」はこの車の形をパクッタのかもな〜

posted by カイト at 16:40| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | スーパーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

カウンタックLP400EV?

海斗の独り言
数日前ネットを見てたら
カウンタック電気自動車で復活!
みたいなトピックスが載っていた

エンジンがモーターに!?
ってこたーあのV12サウンドのない
カウンタック?
音のでないカウンタックなんか
乗る価値あるのかな?
しかも価格は2870万円
中古のカウンタックが2台買えるし
1回の充電で150Kmしか走らない
充電時間は8時間
いらね〜
なんでもかんでもエコってのも
どうかしてるよ〜

カウンタックLP400EV.jpg
posted by カイト at 07:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

トヨタ61

海斗の独り言

昔、オレが峠で遊んでた頃の相棒


言わずと知れたAE86トレノ


懐かしいな〜(運転してんのはオレ)


トレノ62年式ドリフト1.jpg

「暴走運転禁止」の看板の前でドリフト


最近、トヨタから「86」のネーミングで


新型が発売された


それがこれ!

新型86.jpg

予想以上の受注が入っているらしい

2Lで200馬力

エンジンは水平対向(スバル製)

水平対向はエンジンの搭載位置が低く

出来るから良く曲がる車に仕上がってるだろう



でもね!



オレとしてはもう少し


エンジンが小さい


例えば1.5L水平対向エンジンで


馬力が150馬力くらいの車が


出ないかなと思っている



オレが昔、知り合いに借りて


乗っていた「KP61」みたいな


「KP61」って知ってる?


スターレットのことなんだけど


KP61.jpg

こんな車!


エンジンはOHVの1.3L 72馬力だったかな


これが予想以上に良く走る車だった


「KP61」を現代版にアレンジして


トヨタ61で出してくれたら


オレは迷わず買う!!


ローン組んでも買う!


トヨタさん頼む!


トヨタ61出して!


150万円くらいで


そしたら買うから!

posted by カイト at 18:39| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

ちょっと違う全然違う!

海斗の独り言

オレの大好きはカウンタック

今回紹介するのはカウンタック25thアニバーサーモデル

カウンタックの最終モデルとなる

5200cc V型12気筒 48バルブ 455馬力



カウンタックはLP400から始まり

LP400S(77年)

LP500S(82年)

5000クワトロバルボーレ(85年)

アニバーサリー(88年最終モデル)と進化を続ける


0−400mmで言ったら


エボやインプレッサと互角なんだけど


存在感たるや!世界にこれほどの車はない!


まさに走る宝石!


オレとしては85年から87年までの

5000クワトロバルボーレが好きだ


アニバーサリーと何が違うかと言うと


見た目で大きく違うのは

フロントサイドのスリット(クワトロはない)

リアバンパー(クワトロはない)

シートのヘッドレス(クワトロはない)


日常で使えるスーパーカーはポルシェ


天気のいい日はカウンタック


夢だ〜


V12サウンドをどうぞ!


12本のエキゾーストマニホルドを介して


排気される極上のパイプオルガンの音色


音までチューニングしたような響き


こんな音


電気自動車じゃ出るまい!


車は速さだけじゃないんだよ!


posted by カイト at 09:50| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(0) | スーパーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

ポルシェ964

海斗の独り言


久々の登場!


サイクロン号


ポルシェは良く「カエル顔」って言われる


こうやって魚眼レンズで撮影すると


それが更にカエルに見える!



IMG_4029.jpg

乗ってみるとわかるけど


このライトが運転席から車の先端までの


距離が非常に分かりやすく


狭い道路でもバンパーを擦るなんてことはない


IMG_4028.jpg


IMG_4033.jpg


天気のいい日はポルシェオーナーが


店先でテーブルを持ち出して


コーヒーとタバコをやりながら


※さすがに酒は飲まない・・・


車の話に花を咲かせる


みんな車が大好きなので


ポルシェに限らず


因みに


2枚目のサイクロン号の後ろで


リフトアップされてる車何か分かる?


国産にはないデザイン


どう見ても外車に見えるが



「トヨタ MR2(AW11)」


なのだ


これはオーナー自らデザインした


ボディー形状らしく


FRPで成形したパーツを


張り合わせて作ってあるのだ


型は残っているので


壊れたらまた作り直すらしいが


販売する気はないらしい


世界に1台のMR2なんです



古い車でも


そんな楽しみ方があるんだな〜
posted by カイト at 07:34| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | スーパーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

フェアレディーZ

海斗の独り言

今日は発熱のため


会社をサボりました(正確には動けなかった)


行き付けの耳鼻科まで車を走らせていると


懐かしい車が!


Z31-1.JPG

Z31-2.JPG


日産 フェアレディーZ 型式S31


どうです〜


今後二度とこのようなボディー形状を持った


車は世にでないであろう造形美!


日産スカイラインクーペのCMで


イチローが


「車がただ単に

  便利な乗り物なら

     クーペなんかいらない・・・」


と言っていたが、オレもそう思う


車には視覚に訴える何か


運転した時に感覚に訴える何かが必要なのだ


現代の車のように


燃費がいい

人も荷物も積める

壊れない

環境性


これだけを満たすのであれば


4WDの1BOXで充分なんのだ!



ところがマニアにとっては


そんな快適性などクソである



燃費が悪かろうと


荷物が詰めなかろうと


エアコンがなかろうと


窮屈だろうと


シートが倒れなくても


遅かろうと



五感に訴えてくる何かがある


車を求めてしまう輩がいる(オレみたいな)


S30はそんな車なのだ


ところでこの車S31だがS30とは何が違うか



S30型=前期モデル、触媒無でSUツインキャブ仕様


S31型=後期モデル、触媒有でNAPS EGI インジェクション仕様


マニアにはS30のキャブ仕様が人気だけど


普通に乗るならインジェクション仕様のS31がいいだろう


えっ!オレですか?どっちがいいかって?



そりゃS30に決まってるじゃないですか!


キャブのセッティングは難しいだろうけど


雨の日、山登った時(気圧の変化)などで


グズるとこなんか人間に近い感じがする


実に面白い!


製造されたのは1969年〜1978年


1976年以降の2Lモデルがインジェクション仕様のS31となる


写真のS31は2.8Lのキャブエンジンと仕様変更されて


オーバーフェンダー付きの3ナンバー公認車両となっている


今見ても斬新で飽きが来ないデザインだ


コレクションに1台欲しいなぁ〜
posted by カイト at 13:23| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | スーパーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

大興奮

海斗の独り言

近所の自動車修理工場の前を通ると

懐かしい車を発見!

ホンダビート1.JPG

軽自動車では世界初のミッドシップカー


ホンダ ビート


バブル絶頂の1991年〜1998年まで

生産された軽スポーツカー


当時はあまり魅力を感じなかった


軽自動車自体に魅力を感じなかったと


言ったほうがいいかも



それが、今見ると!

素晴らしい!

かっこいい!

車高はノーマルで117cm

当時の国産車ではダントツで低い!


オレが見たビートは耐久レース仕様で

エアコンなし、オーディオなし、ラジオすらない

エンジンは面研、ポート研磨、バランス取り

コンピューターと吸排気系も変更

ロールバーと車調高でハードトップ付き

車高は5cm以上下がっているので

110cmくらいしかない


隣に並ぶと、ヘソのあたり


やっぱり、車高の低い車は興奮するわ〜

その場で買ってしまいそうになった


早い遅いの問題ではなくて

スポーツカーは見た目で興奮させる

スタイリングでないとだめだね


ノーマルに乗ったことがあるけど

エンジンは良く回るけど

遅い!

せめてターボくらいは付けて欲しかった


でも魅力あるな〜

買っちゃおうかな〜


ちなみにオレの好きなカウンタックの車高はLP500で103cm

LP5000QVで107cm

車幅が2m近くあって車高はったったのこれだけ


やっぱり、スーパーカーは低くないと!!


posted by カイト at 07:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

スーパーカー列伝

海斗の独り言

先日のスーパーカーミーティング

まずは

ランボルギーニ・カウンタック・25thアニバーサリー

1989年モデルくらいかな〜

このガンダムチックなとこがたまらん!!

30年以上も前に発表されてモデルであるにも関わらず

未だに人気が衰えない!

まさに

キング・オブ・スーパーカー

次のサイクロン号に決定だ!!



発表当時スタイリングと共に話題になったガルウイングのドア



カウンタック正面.JPG


前に向かってしか走りません!

後ろなんか見えなくてもいいんです!

追い越せる車なんて当時はフェラーリ512BBくらいしか

なかったんですから!

カウンタック後ろ.JPG

きっとガンダムのメカデザイナー大河原邦男も

影響を受けたであろう

この後ろ姿!


時間を見てスーパーカーの写真を載せてみるから

お楽しみに!!
posted by カイト at 08:31| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | スーパーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。