2013年03月09日

逝ってしまった

海斗の独り言
ここ2週間くらい
左コーナーで助手席側のリヤの
足回りから異音があった
特にコンビになんかに入ろうと
段差を上がる時にバキバキ!っと
音がする

助手席側フロントをジャッキで
挙げてみると
リヤまで一緒に挙がってしまう
こんなにストロークのな足回りに
改造した覚えはない!
オレの通勤用サイクロン号は
軽自動車でありながら
四輪独立懸架なのだよ
こう言うと車種まで分かる
人もいるだろう〜
リンクのブッシュを見る限り
異常は見当たらないので
多分、ショックアブソーバーが
逝っちゃったって感じ
雪道は過酷だらね〜

軽く10万円コースだな
どっから金を捻出するかが問題だ
自分で足回りを入れ換えても
部品代だけで10万円くらいかな
それからアライメントを適正に
合わせるのに2.5万円くらい
取り換えついでに
車高調にピロアッパーまで入れるか!
フロントに2.5°くらいの
ネガティブキャンバー入れて
トーイン1mm入れて
ついでにホイルのオフセット変えて
オーバーフェンダーまで付けて
こりゃチョロQみたいな車になるな

問題は金だ・・・

posted by カイト at 18:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月16日

いっぱい走った車

海斗の独り言
よく中古車を買う時に
年式が古くても距離を走ってない
車を選んだりする

それはそれで間違ってはいない
と思う・・・

でもな
そこに落とし穴があったりする

年式が古くて
複数オーナーの手に渡って
しかも距離を走ってない車

なぜか!?

それは調子悪いからだよ

安くて距離は走ってないから
買うんだけど
どこかが調子悪くて手放す
この繰り返し

ドイツ車なんかは電気系統が弱かったり
するけどボディーもエンジンも丈夫
距離が10万km超えてもぜんぜん大丈夫
ただし、オイルをマメに交換するなど
予防保全した車は大丈夫
快調だから手放さない
調子がいいから長い距離を走れる
自然と距離が伸びる

車を買う時は前オーナーがどんな
使い方をしてたのか分かれば
一番いいんだけど
そうもいかないもんな〜
ラベル:ポルシェ964
posted by カイト at 19:55| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

SINGER VEHICLE DESING

海斗の独り言
「SINGER VEHICLE DESING」
知ってますか?
カスタム911のメーカーなんです

オレの大好きな911の964モデルをベースに
1973年までに生産された911
通称ナローポルシェをモチーフにカスタムしている
メーカーなのだよ

わざわざ古いモデルに似せたカスタム
オレみたいな旧車好きにはたまらないメーカー
外観はオールドポルシェ
中身は最新鋭!

最高グレードでは3.9LのNAエンジンで
419馬力を絞り出す!



渋過ぎる!!
欲しい!
プライスは2300万円くらいかな
なぜだかポルシェを見ると
ドキドキしちゃうんだよな〜

子供の頃からそうだったな〜
周りがみんなフェラーリだ
ランボルギーニだ言ってても
オレだけポルシェだったんだよね〜

カエル顔のとぼけた容姿に
高性能!

努力してるのに表に出さない的な所が
オレのハートを掴んだんだろうな〜
オレも常にそうありたいと思ってます
ラベル:サイクロン号
posted by カイト at 18:19| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ

海斗の独り言

フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェ死去
オレの大好きなポルシェのデザイナーが76歳で死んだ
世界で一番愛されている車(オレのイメージでは)
ポルシェ!

これからどんなデザインになってしまうんだろう〜

ラベル:ポルシェ
posted by カイト at 15:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

ポルシェ製トラクラー

海斗の独り言

今から40年近く前


近所の大農家に一台の巨大で真っ赤なトラクターがあった


当時、自分が小さかったから巨大に見えたのか


本当に巨大だったのかは今となっては定かではない


燃える男の〜


 赤いトラクター〜


  それがお前だぜ〜


って小林旭の歌がながれそうだ


でもあれは「ヤンマー」だっけ




そのトラクターのエンジンフード横には


エンブレムが付いていたがオレには読めなかった


近所の兄ちゃんに尋ねると


「ポルシェだよ」と言った


考えてみればあれがオレとポルシェの


最初の出会いだった


製造1950年〜69年


昭和35年頃から農機具メーカーのイセキが輸入したのだそうだ


ポルシェ製トラクター.jpg


かっこいい〜


当然、空冷!


ラベル:トラクター
posted by カイト at 07:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

サイクロン号

海斗の独り言


サイクロン号を引継ぐ相手に昨日会って

話をしてきた


オレの知り合いなので大事にしてくれそうだ


彼も車が好きでポルシェが理想の車だと言っている


言ってはいるが乗ったことはない


今回、改めてポルシェの良さを体感することになるだろう


先週試乗したのだが、やっぱりクラッチに


てこずっていた


案の定、エンストしてたし


シフトダウンするときも


タイミングが合わずに


シフトロックしていた


あの調子で乗っていれば、10000km


乗らずにクラッチが壊れるだろうな〜


何だか心配だ・・・


毎年この車で恒例のミッレミリアを


嫁さんと見に行っていた


娘が生まれてからは


3人で見に行っていたが


今年は違う車で見にいくことになるだろう〜


本当に寂しいよ


しかし!


年取ったらまたポルシェに乗ろう〜

ラベル:サイクロン号
posted by カイト at 07:37| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

サイクロン号

海斗の独り言

今日は次のオーナーになるかもしれない


知り合いがサイクロン号の試乗に来る


10:00の約束だが・・・


まだ来ない・・・
ラベル:ポルシェ964
posted by カイト at 10:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

ばれてる!!

海斗の独り言

今日、サイクロン号の


修理代を支払った



嫁さんはちょっと離れた


場所にいたのだが




「印紙の話してたけど


   ってことは3万円以上ってこと?」



バレてる!



なぜ聞こえる!!!



地獄耳かよ!!



19年使った電気部品が


壊れないのが不思議じゃないのか?



テレビがそんなにもつか?


レンジが19年もつのか?



がんばった方だと思いますよ



支払いは勿論



オレのなけなしの


ヘソクリで・・・




まいどあり〜



あっ!


腹の具合ですが


1日に10回程度トイレに行ってます



昨日の夜は3回起きてトイレに駆け込み


でしたよ



早く回復してくれ〜



トレーニング出来ないぞ〜



ラベル:ポルシェ964
posted by カイト at 17:57| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

設定が!?

海斗の独り言


連休前に故障した


サイクロン号のウイングだが


一昨日の走行テストでは


問題なく作動した


しかし!


初期設定では80km/hで上昇のはず


今回のコントロールユニットは


90km/hで上昇するようだ



↓これが閉じた状態


ポルシェウイング閉じる.JPG

↓これが90km/hを超えた状態

ポルシェウイング上がる.JPG



高速道路で渋滞にはまった時は当然ウイングは


閉じた状態になっていた


すると!


やっぱり油温が上昇するのだ


ポルシェは空冷でもあり


油冷でもあるので


走行風がエンジンルームに


導入できないと


油温があがるのだ



エンジンの熱をオイルで冷やすので


オイルの容量は13Lほど入っている


これは2000ccクラスの車の


約4倍に相当するのだ



通常の量産車はエンジン下部の


オイルパンにオイルがあり


そこからポンプでエンジン内に


送り潤滑を行う



ポルシェはオイルパンがない


その代わりにオイルタンクがあり


助手席側のフロントフェンダー内の


オイルクーラーで温度を落として


エンジンに供給する


エンジン下部にオイルパンがないため


エンジンを低い位置にマウントできる


ポルシェが狭いエンジンルームに


3.6Lのエンジンを収められるのは


水平対向エンジンとオイルパンが


ないからなのだ



オイルパンはからオイルを圧送する方式をウエットサンプ


オイルタンクからオイルを圧送する方式をドライサンプ


と言う


ドライサンプはタンクの容量が大きく出来るため


オイルの劣化が少なく、油温度も上がりにくいので


F1のようなレーニングカーに採用されている


しかし、量産車にはコストが高くなるので


ウエットサンプが採用されているのだ


それに、水冷エンジンはエンジンの熱を


水で冷却するので大量のオイルを必要としない


ただし!


レースのように常にエンジンを全開で回すような


場合は冷却水が沸騰してしまう


なんと言っても水は100℃で沸騰するから


でもオイルは100℃程度では沸騰しない


レースで長時間エンジンを全開で回す場合は


ドライサンプが有利と言うわけだ!











posted by カイト at 17:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月03日

このマシンは最高!!

海斗の独り言

今日は680km走ってみた


友達の松尾くんと岩手県の湯瀬温泉まで


高速1000円乗り放題!


物凄い渋滞で


サービスエリアは


軒並み満車


最高速度も2○○km/h


を一瞬越えて


前の車が迫ってくる


始末・・・


ストレス溜まりまくりだが


乗るほどに


いい車だね〜


って思う!


何がいいかは


また今度


↓桜吹雪のポルシェ


ポルシェ2009春1.jpg
ラベル:ポルシェ964
posted by カイト at 23:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

和風ポルシェ

海斗の独り言


桜は散ってしまったが


写真は残しておいた


家族で乗るには狭くなってきた


よって


家族には不評なのだった・・・



狭い!熱い!臭い!


オレにとっては全てが


最高の世界!



快適!速い!経済的!


どこの世界にこれほどの


スーパーカーがあるってんだ!?



ポルシェ2009春2.jpg


来年はサイクロン号と


花見に行けるのかな?
ラベル:桜の頃
posted by カイト at 13:33| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。