2008年04月07日

尻上げホーム

海斗の雑談


今日、トレーニングに行ったら体育館の駐車場に

車がほとんどない???


よ〜く考えたら月初めの月曜は休みだったのだった!


と、言うことで今日は「尻上げベンチ」の解説

尻上げベンチとは?


そう文字通りお尻を上げて行うベンチプレスのことだ


☆尻上げベンチのメリット☆


@普段のホームでは挙がらない重量が扱える

A肩への負担が少ない

Bハッタリになる

・普段よりプラス30kgの重量が扱えるので

 胸筋への強い刺激になり発達を促す

・デクラインベンチに近くなるので
 
 肩のケガのリスクが低くなる

・プラス30kg程度の重量を扱えるので

 強くなったと錯覚できるあし、ハッタリ

 になる(知ってる人が見ればバレバレである)

尻上げホームについて

まずは「公式ホーム」

公式ホーム1

これは横から見たホームであるが

肩・尻・足の裏がしっかり付いていないとファール

を取られるので注意したい!

「公式ホーム正面」

公式ホーム2

オレの場合は尻浮きでファールを取られることが

あるので、出来るだけ外に足を出すようにしている

足を外に出すことによって、蹴りを入れた時でも

尻が浮きにくくなると言うメリットがある



尻上げベンチ

尻上げホーム1

ご覧の通りこれが「尻上げホーム」です


「尻上げホーム正面」

尻上げホーム2

蹴り足を使えるように、ベンチ台の下に足を潜り込ませて

蹴りの溜めを作ります

この時の注意としては、ブリッジを高くしようと

意識するあまり、腹を高くしてしまいがちだが

実際には胸を立たせるのはポイントとなるのだ!


↑ これはかなり重要だよ!


これをマスターすれば公式ホーム+30kgは挙がるはず!


人それぞれの体形に合ったホームを言うのが


あると思うので参考にしてみてはどうでしょう!



☆プレサーさん!こんな感じでどうでしょうか。。。

「公式ホーム」と「尻浮きホーム」ではストロークが

10cmくらい違ってくると思いますよ











posted by カイト at 21:05| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真入りの解説ありがとうございます。
自分もフォームチェックでジム内で動画や写真
を撮ることがありますが、うまく撮るのがいか
に難しいか分かるだけに有り難いです。(三脚
立ててるとみんな「なんだなんだ」って寄って
来るし(笑))

みなさ〜ん、この4枚の写真を撮るのにも結構
時間かかってるんですよ〜

で、次回の要望なんですが・・・
(オイオイ大変だって言っておきながら次回の催促
かよ〜)

是非頭側からの写真で
@フォームを決めてラックアウトする前
Aラックアウトして下ろす直前
B胸についた瞬間
の3枚の写真をお願いします。

@とAを比較することでバーベルの重量を
受け肩関節が落ち肩甲骨が寄ることでの
ストロークの変化
Bでボトム位置での胸のせり上がりと肘関節
の角度

この辺の解説をぜひよろしくお願いします。

(ちなみにここに来るみなさんはご存知かと
思いますが、海斗さんはもしジャパンオープン
ベンチプレス大会に出れば一般の部でも
トップ3以内、MTでは優勝を狙える実力を
持っています。知らない方へ参考までに・・)
Posted by クモ男 at 2008年04月08日 09:30
海斗さん
写真付きの解説
有り難うございました
+30`ですかぁ〜
私は5`〜10`くらいになりそうな気がします
頑張って見ます
(^o^)丿
Posted by とかお at 2008年04月09日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。