2008年02月10日

今日は・・・

今日の出来事


年取ると寝れないとか

早く目が覚めるとか言うが

オレにはあてはまらないようだ・・・


昼寝しても夜は普通に寝れる!

どうなってんだか?


今日のランチ

チキンジンジャーソース

しかし毎日のようにこんな濃い味のもんばっかり

喰って大丈夫なんだろうか?


チキンジンジャーソース.jpg


人間の身体ってどちらかと言うと

栄養が足りないよりも、取りすぎに弱いのではなのか?

粗食が原因で死んだって聞いたことない

栄養の取り過ぎで「痛風」「糖尿病」その他

の病気になりやすくなる


トレーニングの無い日くらいは粗食にして

内臓を休めてみようかな〜


セバスチャンも日本に来て体重が減ったといっていたな〜

刺身や焼き魚とかよく食べるようになったらしい


動物性油と言うのは酸化して固まる

焼肉とか次の朝見ると油が白く固まっているだろ?

あれが酸化した状態なのだ


魚の油は白く固まらない・・・

なぜか?

それは動物性油で有りながら植物性油に近い特性を

持っているからだ


脂=動物性、油=植物性のように区別しているだろ

 

ラード(豚脂)、ヘット(牛脂)やバターなどの動物性の脂は

融ける(融点)が高く、常温で固体になる
  
   
これは、分子の結合が強い「飽和脂肪酸」を多く含み

安定しているからなのだ


この飽和脂肪酸を過剰に摂取すると

肝臓で悪玉コレストロール(LDL)の生成を促進して

血中コレストロール値が上がり

心筋梗塞・脳卒中を引き起こす動脈硬化や胆石の原因になる

また、常温で固体になるため体内(人間の体温は牛や豚のそれより

(低い)でも凝固しやすく、いわゆる「ドロドロ血」
  
の状態になるんだ!

一方・・・



植物性の油と、イワシ・サバなどの青身魚の油は融点が低く

常温では液体だよね

これは、動物性の脂とは逆に、分子の結合の弱い

「不飽和脂肪酸」を多く含んで安定性が低いから

この不飽和脂肪酸は、血中コレステロール値を下げる作用がある  
  
  
また、常温で液体なので、体内で血液をいわゆる

「サラサラ血」の状態に保つと言う訳なんだね〜


しかし、分かってはいても焼肉
はうめ〜((*´∀`))ウキャキャ

それじゃ!!とぉぉぉぉぉぉっぉ!!!←久しぶりに飛んだ!




posted by カイト at 23:09| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は勉強になりました
おちゃかな大好きです♪
Posted by とかお at 2008年02月11日 02:08
>とかお様
魚魚魚〜魚を食べると〜
頭頭頭〜頭が良くなる〜
って歌があるがオレは魚食べても頭良くないのはなぜ?
Posted by おさかな海斗 at 2008年02月11日 16:52
凄いアタマ良くなった気がします
アリガトウございました。
物知りですねー。。。流石!!

魚だーいすきです。
焼肉も好きですが…やはりサカナ
川魚〜♪ 青いおサカナがかなり大好きです〜♪ 
Posted by イアンソープ at 2008年02月11日 22:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。