2013年12月23日

永遠の0

海斗の独り言
「永遠の0」
公開初日にそれも朝一に観た
あの小説を2時間にまとめるのは
ムリがあり過ぎ
内容はこれから観る人も
いるだろうから言うのはやめよう



戦争の経験のないオレ達にとっては
零戦乗りはかっこいいと映ってしまいかねない
戦争は殺し合いだからそんなふうに思ってはいけない

かっこいいのは岡田君が演じていて
あの時代に於いて絶対死なないで
生きて帰ると口にした「宮部久蔵」の生き様

最初にタイトルを見た時
なんで「永遠の0(ゼロ)」なんだろうと思った
「永遠の零」なんじゃないの?
戦時中に0(ゼロ)なんて英語を使っていいはずがない!
現に、当時は零(れい)戦と読んでたはずだ
でもね観て解ったよ

劇中で主人公の「宮部久蔵」が妻に言っています
「片腕がなくなっても
 片足がなくなっても 
  死んでも必ず帰ってきます」
「宮部久蔵」には妻と産まれたばかりの娘がいたんです

だから生きることに拘ったんです
タイトルの「永遠の0(ゼロ)」は
ゼロと読んではいけない!
ラブ(愛)と解釈して欲しい!

テニスで0のことをラブと言います
みんな知ってるか!

ラブはフランス語で「ロェフ」=「卵」が
なまって「ロェフ」⇒「ラブ」になったとか
0は卵の形に似てるから
またオランダ語で「名誉」を意味する
「ロフ」が『ラブ』に変化したという説があります
中世ヨーロッパでは、テニスなどのゲームを見ながら
賭け事をしていた
そんなとき、現金の代わりに「名誉をかける」
と言うこともあったようで名誉はお金と違って
“目にみえない”“形がない”そこで
“何もない”という意味で「0」につながったという説です

“目にみえない”“形がない”それは「愛」も同じ!

とタイトルだけでもかなり深い「永遠の愛」の物語

海斗の深読みかもしれません・・・

多分、この「宮部久蔵」のモデルになっている
人物は「坂井三郎」と言う零戦の名手だと思われる
と勝手に海斗は思っている

「坂井三郎」は実在の人物で「大空のサムライ」
の著者でもある
この本は世界各国でベストセラーになった自伝なのだ
男なら読んでみる価値あり!間違いない!

今日本は産業の空洞化にあってサラリーマンは
海外にどんどん単身赴任で出稼ぎに行く時代
いつ自分の番に回ってくるかビクビクして
いる人も少なくないはず

形は違えど、全然重さは違うけど
愛する家族を置いて海外へ行くって
戦争に似てるような

酷評する人もいるだろうけど
決して戦争を美化するような映画では
ないし、あの時代に於いて、あの生き方を
貫いた「宮部久蔵」と言う男に感動してしまう

最後なんか涙でスクリーンが見えなくなって
鼻水ダラダラですよ

戦争がどうこう言うつもりはないけど
男の生き様として感動しますよ

自分には出来ないからなんだろうな・・・



posted by カイト at 18:45| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小説読みました。
時代は違うけど、大事なものは変わらない。
でも、感じる事が薄れていますよ。
追い詰められた状況でないと、大事さがわからない。
人なんてそんなもんです。
でも、この映画は観ようと決めてました。
見にいこきらきら
Posted by とっとこ at 2013年12月25日 21:33
>とっとこ様
小説読んでから観るとガッカリするかもしれないですよ。やっぱりあの小説を2時間に納めるのはムリがあります。でも、とっとこさんが言う通りに家族を愛する気持ちとか基本的なとこは昔も今も同じです。これが無くなったら人間じゃないですよね。
Posted by 愛海斗 at 2013年12月26日 23:24
早速観てきましたよ。泣けたぁ。
2時間であれだけ盛り込めれば、いい出来です。原作も分厚いですしね。
個人的には、最期にアメリカ軍が久蔵を海に付す所がなかったのが残念でしたが…。
岡田くん、いい俳優になりましたね。
Posted by とっとこ at 2013年12月27日 21:39
>とっとこ様
観ましたか!ね〜なかなか泣ける映画でしょうが!最後は海面すれすれの低空飛行をしますが、対空砲火は真下には打てないので当たらないです。そして、空母ギリギリのところで急上昇して艦橋のある真上から急降下するんですがこれまた、対空砲火は真上に向けて打てないので岡田くんの零戦には当たらないんですよ。
なかなか面白い映画です。
Posted by 零海斗 at 2013年12月30日 17:18
海斗さん
こんばんは

永遠の0 
映画も好評のようでコナンを抜いたらしいです

私は小説を読みましたが、マジで50回は泣きました
もうティッシュの山になりましたよ(恥)

戦争・家族愛について、考えさせられた作品でした

p(^−^)q押忍
Posted by とかお at 2014年01月03日 23:34
あれぇ〜・・・

また コメントが消えています
さっきは書き込まれていたんですが・・・

実は、靖国神社参拝のところもコメントを書いていたんですが・・・

う〜〜む
不思議です^^;
Posted by とかお at 2014年01月03日 23:42
>とかお様
やっぱり小説の方が内容が濃いですよね。
オレも泣きっぱなしで嫁さんに年取ったね〜
って笑われました!
Posted by 零戦海斗 at 2014年01月04日 13:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。