2011年12月09日

うるう年

海斗の独り言

来年は「うるう年」だね


うるう年は4年に1回ある


それはなぜか?


通常1年365日ですが地球が太陽を


1周するには約365日5時間48分46秒かかる


このままだと暦上1年間に約5時間48分46秒足りなくなり


4年間で約23時間15分04秒の不足になります


この不足分を調節するのがうるう日


すなわち4年に1度のうるう年になります



西暦を4で割り切れる時に「うるう年」になるってこと




なんですが



4年間で約23時間15分04秒足りなくなる為に


うるう日を追加すると説明しましたが


これでは約44分56秒多く追加されたことになってしまう


この誤差が100年経つと約17時間58分24秒になります


この誤差を西暦が100で割り切れる年に調節する為


100年目はうるう年ではなくなります



西暦を100で割り切れる年は「うるう年」ではない!



「西暦が100で割り切れる年はうるう年ではない」


の中で約17時間58分24秒(最初の100年目のみ約18時間43分20秒)


の誤差を1日としたのでまた誤差が出ます


また100年で約6時間01分36秒(最初の100年目のみ約5時間16分40秒)


足りなくなりました


またまたこの誤差が400年経つと約23時間21分28秒足りなくなります



またまた1日分の時間が足りなくなりました


この誤差を西暦が400で割り切れる年に調節する為



400年目はうるう年になります


ってことで



西暦が400で割り切れる年は「うるう年」になる



面倒でしょ・・・



大昔に誰がこれだけ精密に計算したかな知らんけど



400年って・・・


地球が太陽の周りを一周する時間が


毎年一定とも限らない・・・かも



しれない・・・・




待てよ!



なんで2月に誤差を修正するんだろ?


他の月でもいいんじゃないの??



だれか知ってたら教えて!
























ラベル:雑談
posted by カイト at 07:47| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海斗さん
ちわっす

7月がうるう月なら学生が喜びそうですね
Posted by とかお at 2011年12月10日 10:16
>とかお様
うるう年って不思議ですよ。
2月末といえばJOですね!
順調に仕上がっているようで良かったです。
オレはボロボロですけど・・・
Posted by うるう海斗 at 2011年12月11日 10:15
昔、一年は3月から始まっていて、ローマのアウグストスが自分の生まれた8月が30日だった為、カエサルの誕生月の7月より短いのは許せないと、31日にしてしまったため2月が少なくなったんだとか。。。
Posted by AE86 at 2011年12月15日 08:53
>AE86様
ありがとうございます!
わがままがうるう年を2月にしてしまったと言うことですね!
出来ることなら日本の皆様のためにオレも誕生日を休日にして欲しいです。
Posted by うるう海斗 at 2011年12月16日 07:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。