2010年05月19日

大興奮

海斗の独り言

近所の自動車修理工場の前を通ると

懐かしい車を発見!

ホンダビート1.JPG

軽自動車では世界初のミッドシップカー


ホンダ ビート


バブル絶頂の1991年〜1998年まで

生産された軽スポーツカー


当時はあまり魅力を感じなかった


軽自動車自体に魅力を感じなかったと


言ったほうがいいかも



それが、今見ると!

素晴らしい!

かっこいい!

車高はノーマルで117cm

当時の国産車ではダントツで低い!


オレが見たビートは耐久レース仕様で

エアコンなし、オーディオなし、ラジオすらない

エンジンは面研、ポート研磨、バランス取り

コンピューターと吸排気系も変更

ロールバーと車調高でハードトップ付き

車高は5cm以上下がっているので

110cmくらいしかない


隣に並ぶと、ヘソのあたり


やっぱり、車高の低い車は興奮するわ〜

その場で買ってしまいそうになった


早い遅いの問題ではなくて

スポーツカーは見た目で興奮させる

スタイリングでないとだめだね


ノーマルに乗ったことがあるけど

エンジンは良く回るけど

遅い!

せめてターボくらいは付けて欲しかった


でも魅力あるな〜

買っちゃおうかな〜


ちなみにオレの好きなカウンタックの車高はLP500で103cm

LP5000QVで107cm

車幅が2m近くあって車高はったったのこれだけ


やっぱり、スーパーカーは低くないと!!


posted by カイト at 07:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/150355463

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。