2009年09月11日

サイクロン号

海斗の独り言


サイクロン号を引継ぐ相手に昨日会って

話をしてきた


オレの知り合いなので大事にしてくれそうだ


彼も車が好きでポルシェが理想の車だと言っている


言ってはいるが乗ったことはない


今回、改めてポルシェの良さを体感することになるだろう


先週試乗したのだが、やっぱりクラッチに


てこずっていた


案の定、エンストしてたし


シフトダウンするときも


タイミングが合わずに


シフトロックしていた


あの調子で乗っていれば、10000km


乗らずにクラッチが壊れるだろうな〜


何だか心配だ・・・


毎年この車で恒例のミッレミリアを


嫁さんと見に行っていた


娘が生まれてからは


3人で見に行っていたが


今年は違う車で見にいくことになるだろう〜


本当に寂しいよ


しかし!


年取ったらまたポルシェに乗ろう〜

posted by カイト at 07:37| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ポルシェ964 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年齢を重ね生活環境が変わることに,色んな物が篩にかけられることになる↓俺も仕事の都合やトレーニング環境の確保の為に愛車を売却した。毎週ワックスをかけて,オイルは一ヶ月毎に交換。とにかく大事にしてた車だった。その頃は結婚を考えていた彼女もいたし,愛車を売却したのだった。身体の一部を失ったように脱力感を感じた。しかしいつかはまたスポーツカーを買うと誓い今に至る☆健康で仕事が出来ればまた車は買えるのだ♪ベンチチャンピオンは年齢の限界がある。海斗の年齢こそがリミット年齢だと思うので頑張ってくだされ↑↑
Posted by 仮面ライダーV3☆ at 2009年09月11日 17:08
右二頭筋大丈夫ですか?
アニキ、定期的にやっちゃってますね。

サイクロン号、里子に出すのですね。
寂しくなるでしょうが、まあ、お知り合いであればたまに乗らせてもらえるでしょうから。(変な癖がついて、『あの時のお前ではない!』と感じるかもですね。)
Posted by プレッサー at 2009年09月11日 18:07
>仮面ライダーV3☆様
愛車を失うのは悲しいですが
しばらくはファミリーカーで
ガマンしますよ。
Posted by 売却海斗 at 2009年09月12日 13:44
>プレッサー様
調子いいとケガしますね〜
新型ホームも馴染んできたので
ゆっくり治します。

御心配かけました。。。
Posted by 負傷海斗 at 2009年09月12日 13:46
淋しいですね…

憧れの車…

…ココロが泣いてしまう…位

…思い出深い
んでしょう〜…

車も子供達とある意味アタシにはおんなじなの……何よりある意味命預けてるし…色んな事教えて育て上げて貰ってるし〜…脚…自分自身のカラダの一部

自分の世界を広げて貰ってるって気がする…だからね〜いつもキレイにしていたいの汚すなよ〜!!

といつも吠えるライオンの母…時によって変身します(女は…解らない事ばかりの様に思った時もですが…しっかりしてるんですが…わかりやすい程ドジで感動や先生のしっかりしたお嫁さんとは全くもって違います〜

やはり凄いステキな気がする先生のお嫁さんは…
先生が選んだんですもの当たり前ですね(笑))

馬と同じようにポルシェクラスのグレード高い車って海斗先生だからこそ乗りこなせる車…なんか…俺にはそんな風に思えます。


大事にすればする程、いやそれ以上に楽しませてくれるのですね〜…


また…ポルシェはきっと先生に戻って来ますよ!

先生がたが乗らないで誰が乗りこなせるんですか?

叶わない願いはない それって…先生の十八番ですよねp(^^)q あっ!それとも…もしかして次のサイクロンはカウンタックですか?


俺が言ってしまうのはごめんなさい!おこがましいですが…色んな車乗って観ると尚更戻って来た時にポルシェの良さ体験出来るんじゃないでしょうか

先生のブログ拝見させて頂き益々俺も車乗ってみて観てた時にまして好きになった気がするんです…先生!元気出して下さい そして…いつも勇気を取り戻すコメントに感謝してます!ありがとうございます!

先生!頑張って下さい!
Posted by 卓球Boy at 2009年09月12日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127779988

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。