2009年04月29日

仮面ライダー海斗<エピソード14 ブリッジその4>

海斗の独り言


ベンチ競技における


ブリッジを高くするの意味は


「胸を立てる」


なのだとオレは勝手に解釈している


どんな形になるかと言うと


ベンチに寝た時に


アゴを引いて、鎖骨の内側付け根


の部分に付けるくらいの気持ちで


胸を立てるのだ


ブリッジのピークの意識としては


「みぞおち」の裏をピークにする


みたいな感じだね


こうすると、山のピークが腹ではなく


みぞおちより少し頭寄りになるので


ファールを取られることはない!



↑オレが勝手に思ってることだから


適当に聞いててくれ


みんな知ってることだろうし・・・


つづく・・・
posted by カイト at 20:09| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 仮面ライダー海斗物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
またヒントをありがとです♪海斗から胸を立てろと教わり実践してきましたが,みぞおちを意識して胸を立てるんですね☆来週のベンチでまたやっとみます↑
Posted by 仮面ライダーV3☆ at 2009年04月30日 13:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。