2009年04月03日

仮面ライダー海斗<エピソード12 ブリッジ>

海斗の独り言


クモ男さんからの質問


なぜ、フラットベンチより


デクラインベンチの方が挙がるのか?


これは、「エピソード7.8」のとこで


色々考えましたよ


クモ男さんのように科学的に


考えた訳ではないですけど・・・


簡単に言ってしまえば


「肘」と「肩」の可動域と角度の


問題ではないかと思ってます!


これは、なぜブリッジを作るか?


ここにヒントがあると思う


つづく・・・
posted by カイト at 23:40| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 仮面ライダー海斗物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前にベンチ台の高さに触れたブログがあったけど。自分も前のジムのベンチの高さと,今の体育館のベンチの高さがあまりに低く違ったので,皮細工を仕事にしている先輩にベンチ台に載せるマットを作って貰ったのです。もちろん高さは公式に合わせて☆これによりフラットから自然にブリッジ出来るようになり,海斗直伝のガングップで,絶好調です↑
Posted by 仮面ライダーV3☆ at 2009年04月04日 03:57
フラットベンチよりデクラインベンチの方が
挙がる理由って分かっているようで分からない
もののひとつでした。
続きを楽しみにしています。

ところでベンチの試合でのファール行為って
「それをやるともっと重量が挙がるので
禁止しましょう」ということなんでしょうか?

そう考えれば
@挙上時に頭を挙げる
A尻を目一杯浮かす
Bかかとも目一杯浮かす
C胸で止めずバウンドを使う
D81センチラインの外側を握る
とかなり重量UPするのでしょうが
重量がUPする方法をこれだけ禁止する
重量挙げ競技というのも珍しいと思います。

まぁ@〜Dを許したら競技として成り立たない
とは思いますが、逆に考えれば@〜Dでなぜ
重量UPするのかを解明し、ルール内でそれが
できる方法を考えれば重量UPにつながるという
ことでしょう。

みなさんそれを考えて練習されているのでしょう
が、自分はまだそのレベルに達していないので
考えても良い知恵は出てきません。

海斗さん是非「ライダーキック」並の必殺技を
開発してください!
Posted by クモ男 at 2009年04月04日 10:24
>クモ男 様

そう来ると思いました!!

実は、既に考えてあるんです!!!

ルール上の問題がなく、上手く行けば
オレの現状の身体能力で250kgを
挙げる方法が!!

しかし、骨格の構造上ムリかと思います。
ブログの中でそれを公開しますが
突拍子もないことを言うのでガッカリ
しないで下さいね。
Posted by 必殺技海斗 at 2009年04月04日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。